煩雑な物件の情報を一元化することが可能なのが賃貸管理ソフト

ミニチュアの家

賃貸物件がメインの業者向けの不動産管理ソフト

パソコンと笑顔の男性

賃貸マンションなどがメインの仲介業者は、数多くの物件の管理を自社で行っています。しかし賃料の入金や滞納の状況を手作業で調べるなど、賃貸管理業務が非常に煩雑になっているのが実情です。けれども不動産管理ソフトを導入すると、仲介業者が抱えている様々な悩みをすぐに解決することができます。
特に空室の増加で悩んでいるオーナーをサポートしたい場合には、ウェブサイトと連動した不動産管理ソフトを活用するのが理想的です。ウェブサイトに最新の空室情報を掲載すると、入居者の募集もスムーズに行えるからです。そして入居者の変動が激しいシングル向けの物件を取り扱う場合には、最新の空室情報をこまめに入力する必要もあります。
また複数の店舗の物件を一元管理できる不動産管理ソフトを選ぶと、入居者を確保するチャンスを最大限に生かせるようになります。一方で賃貸管理の効率化を実現するためには、ソフト導入のコストについて調べることも重要です。
複数のソフト会社に費用の見積もりを依頼して、最もコストパフォーマンスに優れた製品を選ぶのがポイントです。更に業者に直接来てもらい、不動産管理ソフトの使い方を実演しながら説明してもらうのが良い方法です。

過去の契約者情報も簡単に閲覧できる賃貸管理ソフト

不動産会社の規模が大きくなってくるにつれて、問題となってくるのが現在会社が保有している賃貸物件の情報管理です。起業して間もない頃であれば、取り扱う賃貸物件の数もそれほどではないでしょうが、経営規模を拡大するためには多くの物件を扱える方がビジネスチャンスが増えることは明らかです。
しかし、まだ成長途中の会社だからそこまで整理作業に人員を割けないこともあるかも知れません。そんな時に役立つのが、賃貸管理ソフトです。賃貸管理ソフトを使えば、現在の賃貸物件の情報が手に取るようにわかります。具体的には契約者の情報を一元的に管理できたり、簡単に検索できるようになっているといったものです。
さらに、このソフトの優秀な点はこれだけではありません。賃貸契約書や借りる際に相手に説明するための書類の印刷や編集も簡単にできるのです。条文についてはフォーマットが用意されているので、考えるのが面倒であれば、それを組み合わせるだけで書類作成が終了します。さらに契約情報を履歴として保存しておけるので、「あの物件は誰と契約していたのだろう?」という時でもスピーディに検索できます。
データ参照が容易な管理ソフトを使えば、日々の業務も効率よくこなしていけることでしょう。

不動産管理ソフトはどういったことができるのか

不動産管理の基本は賃貸管理です。賃貸借契約を結んで、賃貸人から賃料を支払ってもらうことで利益を上げるからです。わかりやすいのが、毎月賃料がきちんと支払われているかをチェックし、支払われていなければ支払うように促すことでしょう。不動産管理ソフトを導入すると、この管理を視覚的に行うことができるので、確認し忘れることがなくなります。
また、不動産管理ソフトは純粋に賃料の支払いをチェックするだけではなく、修繕計画の管理も行えます。新築物件も期間が経過すれば劣化していきますが、そのままにしておけば物件の魅力が半減してしまいます。そうなると借りたいと考える人が減っていき、空室が目立つようになります。
したがって、賃貸管理では物件の修繕計画を立てることも重要ですが、不動産管理ソフトでは対応状況を管理したり、クレームの有無などについてデータを残しておくことができるので、長期的な修繕管理計画も立てやすくなります。なぜなら、きちんと履歴として残しておけば、そろそろ修繕が必要になるだろうと時期が明確になるからです。
いずれも最終的には人が対応しますが、情報が管理されていないと適切に管理出来ず、クレームにつながってしまいます。不動産管理ソフトはそれを効率的に行えるようにしてくれて、結果的に満足度を高めてくれます。

recent contents

2019年10月21日
初めての不動産経営をフォローしてくれるのが管理ソフトを更新しました。
2019年10月21日
不動産会社を経営するなら専用の管理ソフトを導入しましょうを更新しました。
2019年10月21日
不動産管理ソフトで業務を効率化しようを更新しました。
2019年10月21日
業務を見直すきっかけにもなる不動産管理ソフトを更新しました。

業務を見直すきっかけにもなる不動産管理ソフト

不動産業者において物件情報の入力や契約情報など、賃貸管理を行なうことは欠かせない業務のひとつでもあります。情報が更新されていくごとに手作業で新しい情報を入力していくことは人為的なミスが発生するリ…

more

不動産管理ソフトで業務を効率化しよう

不動産管理とは大きく分けて2つの柱に分ける事が出来ます。それは入居者の管理と建物の管理です。賃貸管理とは、この両方をオーナーや入居者にとって面倒な事にならないように代行することです。まず一番重要…

more

不動産会社を経営するなら専用の管理ソフトを導入しましょう

不動産会社を経営するにあたり、必要なものはなんでしょう。不動産の管理には様々な物が有ります。マンションやアパートのオーナーとの賃貸管理契約や、顧客のリスト管理、契約管理、更新時期の管理、物件自体…

more

初めての不動産経営をフォローしてくれるのが管理ソフト

不動産経営のベテランではなくビギナーだったら、不動産経営に際して何が必要なのかよくわからないのではないでしょうか。そこで目をつけておきたいのが、不動産管理ソフトです。もしも不動産管理ソフトを導入…

more